妊活・マタニティ・婦人科系ケア・痩身・バストアップのことならウェルフィットへ

お気軽にお問合せ・ご予約ください 
080-8907-4383
受付時間
10:00~22:00
定休日 
不定休

お問合せ・ご予約(24時間受付)

妊活にオススメの食事

妊活の食事に関してご紹介しています。

妊活を始めたら、まず意識したいのが食事です

妊活を始めようと思ったら、まず簡単にできることからスタートできるといいですね、

食事や、適度な運動、そして睡眠。基本的なことかもしれませんが、健康な身体を作るうえで重要なこと。

是非、意識していきましょう。

食事の選び方を気をつけるところからスタート

しっかり自炊して、きちんと栄養を摂る食生活が理想かもしれませんが、たべものをちょっと気を付けるところからスタートするだけでも変わってきます。
 
妊娠しやすい身体に近づくためにも、ほんのちょっと、気を付けるところからスタートしてみましょう。

妊活を始めたらこんな食事に気を付けよう

妊活を始めるにあたってどんなことからすればいい?
まずはここから!
オススメの妊活の取り組みについてご紹介します
糖質の摂り過ぎ

当分の摂り過ぎは要注意。過剰摂取すると、ホルモンバランスが乱れたりする原因になる可能性があります。

もちろん、体重の大幅増加もあまりお勧めできません。

また、麺類やパンなどは体を冷やす作用があるともいわれています。また、麺類やパンなどは体を冷やす作用があるともいわれています。ごはんやパン、麺、お菓子、清涼飲料水など、糖質が含まれるものの摂取は、適量を意識してください。

トランス脂肪酸の摂取
トランス脂肪酸は「ショートニング、マーガリン」などの油に多く含まれています。
これは、例えば、揚げ物やパン、お菓子、ケーキ、スナック菓子、ファーストフードなどに多く使われていています。
 
トランス脂肪酸の過剰摂取は悪玉コレステロールを増加させ、心臓発作や肥満、アレルギー性疾患のリスクを高めます。
また、米国の研究では、トランス脂肪酸の過剰摂取は女性の生殖能力の低下、男性の精子の運動率の低下と関連している研究結果も出されています。
 
意識的にトランス脂肪酸を控えられるといいですね。
からだを冷やす食材・冷たい飲み物

暑いと冷たい飲み物をたくさん飲みたくなりますが、冷たい飲み物は体を冷やす原因となります。できれば、常温で摂るようにしましょう。

コーヒーや緑茶も体を冷やすとされています。

体を冷やす食材を摂取すると、血流が悪くなり、不妊につながる可能性があります。

夏の旬の食材など、からだを冷やす傾向があるので、食べ過ぎに注意しましょう。

妊活にぜひ摂りたい食事・食べ物

普段食べる食材にもちょっと意識を向けるだけでも変わります。是非参考にしてください。
 
また、食事では十分摂れないな、と感じたものはサプリメントなども上手に取り入れるのもいいと思います。
身体を温める食材

体を温める効果のある食べ物は、旬が冬のもの、寒冷地で育つもの、土の中で育つもの、暖色系のもの、水分が少ないもの、発酵食品は体を温めてくれる食材が、お勧めです。

ニンジンやカボチャ、玉ねぎなど温野菜、玄米や納豆、キムチなども荒田を温めてくれる食品です。

たんぱく質

タンパク質は私たちの体にとって、とても大切な栄養素です。

私たちの筋肉、皮膚、髪の毛、血液、ホルモン、免疫抗体、酵素、遺伝子などタンパク質でできていますし、卵子や精子もタンパク質でできています。

 タンパク質を多く含む食品には、肉や魚、大豆製品、卵などがあります。

亜鉛

亜鉛は女性ホルモンの分泌を促します。

亜鉛が含まれているものはカキ・牛肉・レバー・かに・レンズ豆・そら豆などです。

葉酸

葉酸は妊娠初期に起こる胎児の「神経管閉鎖障害」を予防してくれる大切な栄養素で、妊娠を希望する方には、妊娠前からの摂取が推奨されています。

葉酸はブロッコリー・ほうれん草・菜の花・モロヘイヤなどの野菜や、ライチ・アボカド・いちごなどの果物、ひよこ豆・そら豆などの豆類にも含まれています。

ビタミンB12と一緒に摂ると、吸収率が上がると言われています。

鉄分

鉄分の主な役割として、体中に酸素を運搬をすること、血液中の酸素を細胞内に取り込むことで、体の調子を整えています。

鉄分が不足すると、血流が悪くなって体が冷えたり、疲れが取れにくくなるなど、様々な不調の原因となります。

妊娠すると赤ちゃんを成長させるために、たくさんの鉄が必要になるので、妊娠前から鉄を意識的にしっかりとっておきたい栄養素です。

鉄分の吸収率が上がるビタミンCを意識的に摂取することをおすすめします。

カロテン・ビタミンC・ビタミンE
ビタミンEは「トコフェロール」とも言われていますが、これは「子供を産ませる」という意味があります。
女性ホルモンの代謝に関与しており、不妊治療に使用されることもあります。
 
また、カロテンやビタミン類は、抗酸化作用が高く、卵子の質の低下を防ぐとも言われています。
積極的に摂りたいですね、
 
緑黄色野菜や、果物、アーモンドなど、ぜひ積極的に摂ってみてください。

妊活中は食事を楽しく、好きなものを食べることも大事

食事を気を付けるあまり、ストレスをためてしまったり、量が取れず、栄養が十分でなくては意味がありません。
 
食事は楽しく、おいしく食べることも重要です。
 
無理せず、取り入れられる範囲で、妊活にいい食生活が送れるといいですね。

栄養をしっかり取り込むには、腸も元気に

実際、食事をしっかり気を付けていても、腸での吸収が弱かったり、酵素の働きが弱いと、栄養価も半減してしまいます。
 
妊活はしっかり働く腸が重要。
もちろん、発酵食品を多く摂って、善玉菌を増やすことも大事ですが、腸の動きそのものを活発にすることも大事です。
 
お通じも日頃から意識して便秘に気を付けましょう。
 
また、当サロンの妊活トリートメントでは、腸の動きを活発にし、さらに血行を促進、代謝も上げて、子宮など、しっかり血液を送り込みたいところに届ける効果が高く期待できます。
 
食生活と合わせて、ぜひ、プロの力も上手に使うこともお勧めです。

バザルトストーントリートメントへの想い

『バザルトストーントリートメント』は、大学卒業後、約18年、過去、数万万人以上のお客様の身体や、悩みと向き合ってきて、目の前のお客様に、最高のものを提供したいと私自身が本気で開発した技術です。

バストケアも、妊活も、マタニティも、産後ケアも、フェイシャルも、ボディケアも、ヘッドスパも、その技術開発には、目の前のお客様の悩みを、なんとかして解決したい!全てそこから生まれています。

お客様の願いが叶う、悩みが解決する、

その時の笑顔が何より私たちのやりがいです。

 

関連する記事のご紹介

こちらの記事を読んだ方は下記の記事もよく読まれています。是非、あわせてご覧ください。

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、お電話にて受付しております。
※施術中の場合、電話に出ることが出来ません。折り返しのお電話とさせていただきますこと、ご了承ください。

お気軽にお問合せ・ご予約ください

080-8907-4383

受付時間:10:00~22:00
定休日:不定休

ご予約はすべてのメニューがWEBから24時間、受け付けております。 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご予約

080-8907-4383
受付時間

10:00~22:00
※定休日:不定休

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

プロフィール

林 ゆうこ
 

確かな経験と技術をもとに、お客さまに最適な施術をご提供します。